カテゴリ:建築現場だより( 47 )

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg


ようやく完成となりました。

箱根町のログハウス。


c0232909_19200428.jpg


お引渡しに備え、細かな作業はまだ残っていますが

我ながら立派なフィンランドログハウスになりました。

完成姿を見るといつも思うのですが

机上で作った図面が

現実のものになることの

喜び

驚き

充実感

お施主様は私達以上にそう感じられていることと思います。

そんな思いは

c0232909_19263990.jpg


こういった心を込めた手作りテーブルにも

表したいという思いもあり

喜んでいただけると

苦労したことをすっかり忘れてしまいます。

末永く、大切にお使いいただけることと思います。




株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2018-05-25 19:26 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg

上棟検査の事前確認を行いました。

ちょっと忙しかったので

現場に到着したのが夜・・・。

窓やドアも設置が住んでいて

そろそろ断熱材の施工になります。

c0232909_00463098.jpg


骨組みとなる部分の組付けや、金物

防水関係も検査されます。

ひととおり点検を終え、外に出ると

茂みの中から、ガサガサと物音が・・・(怖)

まだ姿は見ていませんが、イノシシが先住者のようです。

夜行性なんでしょうか

気を付けよう・・・。


株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2018-03-26 00:46 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg

箱根町で建築中のログハウス。

今日からログ組が始まりました。

c0232909_00341664.jpg


雪の影響でだいぶ遅れてしまいましたが

フィンランドから届いたきれいな木材は健在でした。

加工精度が高いうえ、手慣れた大工さん達の腕によって

スイスイ組上げされます。

c0232909_00324721.jpg

建物にかかる高木の枝の剪定に少してこずりましたが

半分くらいまでログ壁が組めました。

上棟までは3日程度で完了します。



株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2018-02-18 10:32 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg

除雪の甲斐あって、

現場までの車両の出入りが出来るようになりました。

型枠が外せ、基礎の姿が見らるようになりました。

いよいよログ組のはじまりです。

c0232909_00193279.jpg
敷地内には、まだ真っ白な雪がたくさん残っていますが

1階の床の構造となる土台や根太などの材料を納入したので

明日から木工事が始められます。

楽しみです。

ここからは、大工さん

宜しくお願いします。



株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2018-02-10 14:16 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg

時には降雪も嬉しいものではありますが

流石に仕事に関わると

がっかりしてしまいます。

c0232909_22314147.jpg


先日降った雪

なかなか解けずに車では現場前にも行けませんでした。

ようやく現場前まで入れるようになったと思ったら

敷地内には膝がうまる位の数十センチもの雪がまだ残っていて

型枠を外す作業の前に、除雪作業でなりそうです。(泣)


株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2018-02-03 18:30 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg
配筋検査に行ってきました。

瑕疵保証の検査です。

図面の訂正以外の指摘は無し!

これに合格しないと、工事が停滞してしまうので

いつもヤキモキしてしまいますが、

基礎屋さんの努力でいつも救われていると感じます。

c0232909_21392035.jpg

もうすこしで、ログ材が入荷されますので

基礎屋さん

さらに頑張って下さい。


株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2018-01-05 18:38 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!



c0232909_11383432.jpg

連日の投稿になります。

箱根町で建築中のログハウスです。

基礎の底盤となるコンクリート打ちの状況を確認に行きました。

晴天で、芦ノ湖が良く見えましたので

c0232909_21313958.jpg
投稿してみました。

フィンランドから送られてくるログ材が

年明け1月中旬に到着します。

間に合うかなぁ。


株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2017-12-22 19:36 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg

基礎工事が進んでいます。

雨天が重なり、日程がずれ込みましたが

基礎屋さんの努力もあって

どうにか根切(ねぎり)が完了しました。

c0232909_21181305.jpg
遺跡発掘現場?ではありません。

基礎の形状に併せて土を削り取った状態です。

杭打ちが正しく施工できているか

ここでも確認が必要です。

一部の杭で改修が必要でしたが、大きな問題なく

基礎工事を進めます。


株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2017-12-15 14:15 | 建築現場だより

箱根町で建築中!!

c0232909_11383432.jpg

基礎工事が進んでいます。

雨天が重なり、日程がずれ込みましたが

基礎屋さんの努力もあって

どうにか根切(ねぎり)が完了しました。

c0232909_21181305.jpg
遺跡発掘現場?ではありません。

基礎の形状に併せて土を削り取った状態です。

杭打ちが正しく施工できているか

ここでも確認が必要です。

一部の杭で改修が必要でしたが、大きな問題なく

基礎工事を進めます。


株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2017-12-15 14:15 | 建築現場だより

秦野市内で建築中!

c0232909_11383432.jpg

秦野市内で建築中のフィンランドログハウス。

今日は外壁塗装が完了したので確認に行ってまいりました。

c0232909_19594028.jpg


塗装される前のフィンランドパインの質感も良いですが

やはり塗装されるとしっくりきます。

c0232909_20040453.jpg
塗装前の白木の状態


塗装をしない白木の状態の方が木の風合いがあって

好感がもてるとおっしゃるお客様もいらっしゃいます。

経年により木材が、褐色から灰色に変わってゆく自然な姿を見ていたいとのご意向です。

その色を「シルバーグレー」と表現されます。

木のことを良く知っていしゃる方です。


昔ながらの寺院仏閣は柱などの木部が黒っぽいですよね。

歴史的建造物は、再建築やメンテナンスによって

木材保護塗料が施されされているのが殆どがそうですけれど。

基本的には、日焼けと風雨にさらされたことによる自然な着色なんです。


何年も前に読んだ本に、奈良の法隆寺の柱は

真新しい柱に比べ強度が増しているのだとありました。

白木のままにしておいても、大きな屋根や軒先があれば

そう簡単に使い物にならなくなったりはしないのです。


とは言え、やはりそれは永遠のことではありません。

風雨がなくても太陽光による劣化は必ずあります。

紫外線の影響です。

人の身体にも影響があるように、紫外線は建物に影響を与えます。

どの様な建材を用いようが、紫外線の影響は避けれません。

むしろ、紫外線とどう向き合うかがポイントとなります。


昔ながらの建物は、木部の露出が多く、また、屋根勾配も大きく軒先も長いのです。

これは、適度に紫外線や風雨による影響を受け入れていると言っても過言ではなく

劣化をもごく自然なものとしてバランスよく取り入れ

建物のメンテナンスのタイミングだけではなく

見た目の変化さえ楽しんできた先代の知恵とも言え

現代の住宅に比して歴史がとてつもなく長い寺院仏閣や日本家屋が証明しています。

今のような塗装技術は昔は無かったのですから。


それでも、新築時に塗装をお勧めしますのは

家というものは、部位によって日当たりや風雨にさらされる頻度が異なるので

無塗装の状態では外壁全体の色が統一して落ち着くまでには結構な時間がかかります。

これによる影響を平均化することが目的となります。

塗装によって、部位毎の劣化にばらつきを生じにくくしているからなのです。


塗装は将来的なメンテナンスの時にも

その恩恵を受けることができます。

塗装は言わば、新築時に塗料によって汚しておくこと。

顔料を含んだ塗料で先行して汚しておくことで

新たな汚れが付着されにくくなると言えます。



次回をお楽しみに。お引渡しかな?






株式会社ウッドストック
TEL:0463-70-6983
http://www.wood-s.co.jp
メールでの資料等のご請求・お問合せは・・・


by syonan0123 | 2017-12-10 19:50 | 建築現場だより